子供に関わる職業

学費は調べておきましょう

子どもが好きな人なら、一度は幼稚園教諭に憧れを抱いた人もいるでしょう。 幼稚園教諭になるためには、短大もしくは大学を卒業し、幼稚園教諭の免許を取得しなければなりません。 幼稚園教諭と同様の仕事に保育士がありますが、保育士の場合は、免許ではなく資格になるため、資格さえ取得すれば、高校卒業後でも保育士にはなれます。 大きな違いは、文部科学省と厚生労働省の管轄の違いもありますが、幼稚園では子どもを教育するのに対し、保育所では子どもを保育するのが目的です。 幼稚園教諭になるために、短大または大学に通うわけですから、それなりの学費は必要です。それぞれの短大や大学によって違いますから、事前によく調べておきましょう。

幼稚園教諭にも変化が見られます

以前は、幼稚園教諭も圧倒的に短大卒の先生が多かったのですが、最近は、大学卒の先生も増えてきています。 小学校教諭の免許と一緒に幼稚園教諭の免許を取得できる場合も多く、幼稚園実習に行ってから、子どもたちともっと触れ合いたいと、幼稚園教諭を目指す人もいるようです。 以前は、幼稚園教諭といえば、若い先生が主でしたが、やはり子育て経験のあるお母さん先生がサポートにつく場合も多くなってきました。 子育て経験がある人は、子どもの行動パターンもよく分かり、冷静に子どもたちを指導することができるからです。 また、最近は、男性の幼稚園教諭も増えつつあります。女性にない面を補う意味でも、重要な存在であり、頼られる存在でもあります。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C) 2015 家庭教師|アウェイよりホームで能力UPを図る All Rights Reserved.